トマトの栽培

研修先では

トマトの接ぎ木

をするので台木と穂木を種から育てます。

養生機に入れ約二日後には芽が出るので

それを128穴のセルトレイに移植します。

そしてまた養生機に入れ土から芽を出すのを待ちます。

これは台木です。

こちらは穂木

どうして大きさが違うのかというと

台木は2日早く種まきしたからです。

台木を穂木より少し大きくすることで、接ぎ木しやすく、しっかりした苗になります。


アサダ
地域おこし協力隊として曽爾村に移住。 現在ベテラントマト農家さんのもとで研修中。 同時進行で独立就農後の仕事づくりとして、トマトの観光農園準備中。 来てくれる方も自分もワクワクして楽しめるような、 そんな仕事を作っていけたら、、、 農業の楽しさを体験できる場所をつくり 農業のイメージを良くしたい! そして農業をしたいと思う人が増えてほしいです。 かつての私が農業体験をきっかけに農業に興味を持ったように…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です